HIV治療について

治療の目的

身体の中のウイルス量を抑え続け、免疫力を回復し、それを維持していくことが目的です。

治療開始のタイミング

HIVの治療開始のタイミングは、時代とともに大きく変わってきています。昔は、抗HIV薬の副作用が強く、内服自体が困難なこともあったため、CD4陽性リンパ球数が200/μl程度まで下がってから治療を開始するという考え方もありました。最近では、より副作用の少ない治療薬が開発されており、さらに、早期治療による様々な利点(感染拡大の抑制や重篤な合併症の減少)も明らかになってきました。最新のガイドラインでは、すべてのHIV感染患者さんに対して抗HIV薬の開始が推奨されるようになっています。
ただし、抗HIV薬開始の推奨の度合いはCD4陽性リンパ球数によって異なっています。エイズを発症していない患者さんの場合、血液検査でCD4陽性リンパ球数500/μl未満であれば治療開始が強く推奨されます。
また、エイズを発症している患者さん、HIV感染が原因で腎臓の機能が著しく低下している患者さん、HIV感染している妊婦さん、B型肝炎とHIVの両方を感染している患者さんも治療を開始することが強く推奨されています。
これまでの多くの調査から、治療開始を早めること、遅くすることの利点・欠点が各々にあることが分かってきています(表)。
病状、体調など色々な事を考慮した上で治療開始の時期を決めていくため、治療開始の時期は患者さんにより様々です。

表:治療を早期に開始した場合の 利点と欠点

利点

  • ウイルスが増えてくるのを早いうちに抑えることが出来る
  • 免疫力を保つことが出来る
    (エイズ指標疾患の発症を減らせる)
  • 他人へHIVをうつす危険が低くなる
  • HIV感染自体で生じてしまう合併症を減らすことが出来る
    (心筋梗塞・脳梗塞・骨粗鬆症・腎障害など)
  • CD4陽性リンパ球数が高くても生じるHIV関連疾患の発症を減らすことが出来る
    (例えば、結核やHIV関連悪性リンパ腫など)

欠点

  • 薬により副作用が現れる可能性がある
  • 治療が不十分な場合、耐性ウイルスが出現する可能性が高い
  • 将来使える治療選択肢が狭まる可能性がある(耐性ができる、副作用などにより)
  • 現在使用できる治療法がいつまで有効かわかっていない
  • 内服によってストレスを感じてしまう可能性がある

抗HIV薬について

抗HIV薬は3~4剤の内服薬を組み合わせて治療します。
以前は1~2剤の内服治療が主流でしたが、すぐにウイルスが耐性を獲得してしまい薬が効かなくなってしまうことが問題でした。そこで抗HIV薬を3~4剤同時に内服する「強力な抗ウイルス療法(Highly Active Anti-Retroviral Therapy:HAART)」が主流となっています。最近では、必ず3~4剤併用する治療法が行われるため、HAARTを略してARTと言われるようになってきています。

抗HIV薬は大きく下記5つに大別されます。

  1. 核酸系逆転写酵素阻害剤
  2. 非核酸系逆転写酵素阻害剤
  3. プロテアーゼ阻害剤
  4. インテグラーゼ阻害剤
  5. 侵入阻害薬

1996年にHAARTが開発されてからは、HIV感染患者さんの予後は飛躍的に改善してきています。しかし、抗HIV薬はHIVを体内から完全に排除できる薬ではありません。よって抗HIV薬は、開始したら一生飲み続けていくことになります。

医療費について

きちんと内服できないと・・・

抗HIV薬を中途半端に内服してしまうと、薬が効かなくなってしまいます!!
ウイルスが薬に対し耐性を獲得してしまうためです。ちなみに、内服10回のうち1~2回飲み忘れてしまうだけで患者さん2人に1人は治療に失敗してしまうのです。
ウイルスが耐性を獲得するということは、使える薬の選択肢が狭まるということです。すなわち中途半端な内服は、今後何十年とウイルスを抑えつける武器を自ら捨てているのと同じことになります。
きちんと内服していくには「アドヒアランス」が不可欠です。

アドヒアランス
患者さんが積極的に治療方針に参加し、自らの意思に従って治療を実行(内服)し、それを続けていく姿勢を表した用語です。

きちんと内服していくには・・・

治療の決め手は何と言っても「アドヒアランス」です。
自分のライフスタイルを確認しましょう
内服できる状況や環境を探していくことで、内服を生活の中に取り込んでいきましょう。
内服を忘れないために・・・
携帯電話のアラーム機能などを利用して、内服忘れを予防していきましょう。

医療費はどのくらいかかるの・・・

一定の条件を満たせば、身体障害者の認定を受けることができます。
認定を受けた場合、医療費の負担は大きく軽減されます。
申請に関するプライバシーのことなども含めて病院のソーシャルワーカーなどに相談することができます。
経済的な理由で受診を止めてしまう前に医療スタッフに相談しましょう。
また、病院を受診する前でも、プライバシーを守り匿名・無料で相談が可能です。

医療費について

  • 透析ネットワーク登録施設募集のご案内
  • 福祉サービスネットワーク登録事業所募集のご案内
  • HIV/AIDS出張研修について
  • ご意見・ご感想を お寄せください
  • 北海道大学病院HIVスタッフ募集情報
  • 北大病院 HIV相談室について
  • HIV関連リンク
  • プライバシーポリシー
  • 各種お知らせ
お寄せいただくよくあるご質問とその回答

ページの先頭へ戻る